2009年12月27日日曜日

今年もあとわずか

師走を特急並にすごしておりました。

いや、むしろ不通状態?
せめて区間準急くらいならよかったのにね
さて、この間色んなことがありましたね。

・S-GT500のNSX後継車「HSV-010 GT」ちょびっと公開

・小林可夢緯のF1レギュラーシート確定
(給料もらえるらしい!)

・ミハエル・シューマッハの現役復帰
(しかもメルセデスGPってのがいい)

・そして、片山右京チームの富士山遭難
お二方がお亡くなりになったのは大変な衝撃でしたが
無事に生還した右京氏には常人離れしたバイタル&メンタルを感じずにはおれません。

そうそう、野口さんが日本人最初の宇宙飛行士、秋山さん以来のソユーズ搭乗
そしてISS長期滞在

(海洋堂の食玩)
ソユーズっていうロケットは世界一安全なロケットと言われてますが
基本40年前の設計のままで不具合も出尽くしちゃってる、っていう代物なんですね。
ちなみに中国の「神舟」はソユーズの技術を注ぎ込んで作られています
固体ロケットブースターなど形状が異なる部分もありますが
なるほど、大きな失敗が無いわけです

2009年12月1日火曜日

スパークかエブロに客が逃げるぞな、もし

予約してたおニューのミニチャンプス1/43ミニカー 回収してきました

 BMWザウバーF1.09、レッドブルRB5、トヨタTF109
2009年本線仕様
台座から外してメデテみた感想
なんか、アンテナぶっといし翼端板分厚いし
マテルに近づいてないかい?
以下略

そして、見てビックリの
セナ没後15年企画物の1発目
ロータスルノー99T
ロータスホンダ99T(カスタム済)

台紙には、ホンダのところルノーと記載されちゃってるんですね
しかし、型が昔のまま、ドライバーフィギュアも昔のまま
これじゃいかんぞな、ということで
アンテナやピトー管、リアウィングのワイヤーを追加してみました
ついでにキャメル仕様にカスタム
これでやっとミニマックスレベルって感じ?
(ああ、コクピット内塗り忘れた)
ここまでやんなはいPMAさん~
京商サンクス1/64、99Tのほうがフォルムいいぞな、もし!
(伊予弁になまってるのは、坂の上の雲を読んでいる影響です^^;)




2009年11月29日日曜日

マスキング大変そう

TAMEO kit 1/64 MP4/4

ちょこっといじってみます
まずはスタンダード加工
エッジの薄々攻撃です^^;

こんなもんか、と思ってましたが
写真で見るとかなり荒いですね
ギアボックスパーツをかませると
カウルが浮いてしまいますので
どこかしら削ってあげる必要があります

上のキットについていたデカールを使って
(スペアデカール標準装備なのです!)
クリアでにじませてしまった
サンクス1/64、MP4/6のロゴを張替え

てか、この段階でスペアデカール使っちゃうなんて
上のキット、失敗したらどうするんでしょうね^^;

PS
めっちゃほしいですが
値段見てびっくり!
サンタさんくれないかな^^;



2009年11月26日木曜日

マクラ-レンその1

サンクス1/64ミニカーマクラ-レンシリーズのカスタム
5台完成させました(やっとです^^;)
それぞれエッフェ社のデカール貼り付け、翼端板内側塗分け
ミラーとアンテナ自作設置、ラッカークリア塗装しています。

MP4/2
1984年、プロストとラウダがドライブ
チャンピョンはラウダ
kyはプロストがこの年チャンピョン獲ったとずっと勘違いしてました(恥)
エンジンはポルシェターボV6、1500cc(バッジはTAG)

MP4/3
1987年、プロストとヨハンソンがドライブ
プロスト3勝
エンジンはMP4-3と同じ型式
ホンダエンジンを積みたかったけれども断られた、らしい

MP4/5
1989年、セナとプロストがドライブ
ご存知、鈴鹿で仲良く直進しちゃったアクシデントで
プロストがチャンピョン獲ったマシン
エンジンは、ホンダRA109E・V10、3492cc
MSJで咆えたあの音です!
1990年はMP4-5Bで参戦
またもや鈴鹿でセナがプロストに激突!
今度はセナがチャンピョンを獲りしてやったり

MP4/6(未完成)

MP4/8
1993年、セナとアンドレッティ、途中からハッキネンがドライブ
フォードコスワースV8とライバルエンジンに比べ非力ながら
ハイテク装備と重量バランス向上によりセナが5勝!

MP4/9
1994年、ミカ・ハッキネンとマーティン・ブランドルがドライブ
コスワースからプジョーエンジンに乗せ変えたが
あまりの信頼性の無さにこの年のみで契約打ち切り
MP4-8を引き継いでいるためか、フォルムが似ています


ちなみにMP4の意味は「マルボロ・プロジェクト4」とも
「マクラ-レン・プロジェクト4」とも言われています。
マルボロが離れた今でも使ってるということは
現在では後者が正統か(由来について正式発表はされていません)
プロジェクト4とは、元々ロン・デニスがF2あたりでやってたチーム名です。

マクラ-レンその2は、年内中にはやっつける予定です
こりゃ1/43一台くらい完成できてたな^^;

2009年11月23日月曜日

ちっさ!

TAMEOの1/64キット MP4/4

ついに届いてしまいました
1/43キットと比べるとこんな感じ

遠近法の関係で実際はもっと小さく見えます
内容はほとんど1/43と同じなので製作が楽しみなのですが
ミニカーカスタム、例のキット、そしてこれetc
あれこれやりたくて手がつけられないという・・・
ああ、そういえば忘れてましたねぇ、1/43のマクラ-レンF1製作^^;
どれか一つに集中せにゃ・・・
趣味ってなかなか計画的に行かないものですね
どうする、俺!?
(そういえばあのCMの続きってどうなったんだろ)

こ、こりは?

ジャクソン5かマルーン5か
あ、マクレンジャー!?(みんなレッドだけど!)
近日公開^^;
 
 

2009年11月22日日曜日

64づくし

1/64サンクス京商ミニカー
XJR9とDBS
結局オークションで落してしまいました

(自動延長システムのせいで優勝した2号車落とせず1号車になりました)
ミュージアムコレクションのデカールを使ってこんな感じに

DBS(レースオブチャンピョン・ヴェッテル仕様)はデカール貼るだけですが
XJR9はロゴをラッカーシンナーとコンパウンドで落としてから
シルクカットロゴを貼ります。
一応白と紫のデカールも付いてるので、こだわらなければ
ロゴ落とす手間が省けるので手っ取り早いです。

1/64 Team TAMEOマシンも完成です^^;

2009年11月17日火曜日

遊び心もネ

1/64、マックF1GTRはこんな感じで遊んでます
その名も
Team TAMEO Racing!

そんなん無いですけどね^^;
ルーフとリアウィングはカーボンデカール
ロゴは余りモノを適当にチョイス
ゼッケンでも付けてやればそれっぽくなりそうですね

1/64,F1マシンのほうは
アンテナ、ミラー、ピトー管設置に入りました
ラッカークリアを塗装してしまっているので
一度ピンバイスで穴を広げてから設置します

アンテナは0.3mmパイプに0.1mmステンレス線を使用しており
抜け防止の為に後端をヤットコでつぶしてますので
ボディ裏側から接着剤を付けて差し込みます
ここで落し穴!
この0.3mmパイプが長すぎると、シャシーと合体させたときに
シャシーパーツにパイプが当たり押し上げる力が働きます
パイプ設置の為の接着剤がクリア層までまわっていると
クリア層も押し上げられ塗装面から浮き上がって空気が入ったようになってしまいます!
ある程度は想定していましたが・・・と一応言い訳w
ナイフで切れ目を入れ、ここに希釈したクリアを染みこませて
とりあえず目立たなくなりましたが、本当冷や汗ものです
0.3mmパイプは、作業性は悪くなってしまいますが
2~3mm程度の長さに押えておいた方が安全のようです
ウェストカラーのものはミラーなどを設置してからクリア塗装してみま~す

2009年11月15日日曜日

どうしましょ

待ってました!とばかりに早速購入したブツ
京商サンクス1/64ブリティッシュコレのカスタムデカール
ミュージアムコレクションより届きました
(MC製のデカールは質が良い)
ただのカスタムデカールだけだったら買わなかったのですが
マクラ-レンF1をラークにカスタム出来るデカールが付いているというので
思わず購入
しかもロングとショートの2バージョン作れちゃう!

左上2ブロックがマックF1GTR用
左下はXJR9用
右4ブロックは
DBRSをレースオブチャンピオンズマシンに改造するためのもの

左から説明書
黒いデカールはマックF1ラーク用のものですが
この部分ってウェストブラック(メタリックグレー)系の色だよね・・・
こりゃ1から塗装し直しせにゃいかんです・・・
で、肝心なことを忘れていた・・・
カスタム用に使えるミニカー、一台も無いジャン!!!
一応、マックF1GTRは1台あるんだけど
(すでに分解しちゃってるけど)
ルーフのインテークが盛り上がってないバージョンなんですよね・・・
さて、どうしたものか・・・^^;

11/15 16:00からWTCC岡山戦地上波でやります

必見です!

2009年11月11日水曜日

バォーーーー!

ネタが無いので、ストックの中から半年前のものをご紹介
{食玩}スターウォーズ・ビークル・コレクション2
タイ・アドバンスト×1

1/144スケールです
嬉しいことにダースベイダー1/144フィギュア付き!
このシリーズ、コレクション1(Xウィング)を以前紹介しましたが
コレクション2をコンビニでつい見つけてしまったので
ついつい買ってしまったものです
このタイ・アドバンスト×1
エピソード4でベイダーがタイファイター2機と編隊飛行してたやつですが
この×1ってのはなんなの?
(タイはTEIでツイン・イオン・エンジン)
ウィキ&ググッってもわからん
という独り言でした^^;

2009年11月8日日曜日

カスタム前の写真がナイ

京商・サンクスの1/64ミニカーをカスタム
とりあえず先行して2台完成させました

ロータス98T
(京商・サンクス1/64ミニカー・リペイントカスタム)

1986年、97Tの改良版でJPSカラー最後のマシン
セナがポールを8回記録したもののエンジンの信頼性の問題から2勝に留まる
(この年のチャンピョンはマクラ-レンのプロスト)
エンジンはルノーV6ターボ
このマシン、フロントタイヤにディフレクターを装備
これが後にバージボードへと発展してゆく
(1/64だとただの突起物にしか見えない)
なお、カウルがこの年から一体型となった、らしいです
製作にあたり、エッフェデカールを使用
ミラーはちょっと小さかったかも

ロータス99T
(京商・サンクス1/64ミニカー・リペイントカスタム)

1987年、セナと中嶋悟が駆ったキャメルイエローのマシン
F1ブーム幕開けとなった日本人には特別な1台かと
セナ2勝、エンジンはホンダV6ターボ
アクティブサスペンションを再度搭載するが、結局使いこなせず逆にハンデとなってしまった、らしいです
(この年のチャンピョンは同じエンジンを積むウィリアムズのピケ)
中嶋車にはオンボードカメラが試験導入されたが
重量と空力の関係に悪影響をおよぼした、とのことです。

台座はアクリル板切り出し
この2台分だけでもうやりたくないです^^;

2009年11月6日金曜日

散策その2

秋葉原を出て湯島天神へ

菊祭りの前日だったようです

ここから少し北上しますと、旧岩崎邸庭園があります

明治に建てられた重要文化財
すごいディテールです

上野界隈のイメージからするとミスマッチな雰囲気なので
なんとも不思議な気分になります
館内ではリサイタルやってました(けちなkyは外から聞いていたw)

今回の散策は不忍池で終了
ここで丁度骨董市をやっていまして、こんなものを買ってしまいました

素材は鉛でしょうか、ガネ-シャとたぶんアスラ(阿修羅)です
出店店員さん曰く、ネパールで作られたものらしいですが
指先ほどの大きさでこのラインの細かさは伊達じゃない!
(ネパールの鋳物技術恐るべし!!)
全国回ってる寅さんみたいな行商さんなので
どこかで見かけたら手にとって見て下さ~い


昔、よく見に来ていた映画館が取り壊されていました
建替えみたいですが、青春の思い出が無くなるのは寂しいですねぇ(シミジミ)
で、この先には大人の映画館が今だにありますw

以上、4時間ほどの散策でした~。


おわり

2009年11月3日火曜日

散策途中で寄り道

お茶の水から秋葉原まで歩いてきました
あっという間なのでプチ散策にはぴったり
で、当初通過予定だった秋葉原ですが
やはりスルーは出来ない性分なようで^^;

今や食玩、フィギュアの聖地と化したラジオ館
4F
海洋堂ショールームのショーウィンドウ

ここは昔からあるところですが
2FにもKOTOBUKIYAショールームが出来ました
(セナのスタチュー見れます)
4F戻ります

写真突き当りには中古オーディオ屋
右にはパーツ屋がありましたが
今やこんな感じに侵食されつつあります
6F

ガレージキットで名の通っているボークス
(右はドールの専門ショップ)
塗料や素材がとても豊富なところ
スケールモデルも最近始めたようです
7F

ミリタリースケールモデル国内随一と言ってもいい
イエローサブマリンのスケールモデルショップ
この2店を回れば
Zモデルなど1/43専用パーツなどはありませんが
使えそうな素材はだいたい揃います

お昼は電気街口のベッカーズバーガーで

ベッカーズバーガーセット800円
kyの中ではベストオブファーストフード
おススメです!

続く・・・

2009年11月1日日曜日

散策その1


御茶ノ水~上野までのぶらりウォーキング
なんとなく行ってきました

まずは前から行きたかった明治大学博物館へ
拷問器具、その名も
鉄の処女「IRON MAIDEN」!

常設展示物は無料で見られるのでおすすめスポットです
レモン画翆や楽器屋を覘いて
神田川を渡ります

江戸城外堀を担っていた神田川
奥の橋が宝橋、その向こうが秋葉原
露出が合っておりません(汗)
宝橋の袂にある湯島聖堂

鴟尾がすごい!
200mほど歩き昌平橋へ

レンガ造りの建物は旧万世橋駅で
数年前まで交通博物館として使われていたものです
ここに思い出のある方も多いはず
ここから御茶ノ水方面を見るとこんな感じ


続く




2009年10月31日土曜日

<消去>


ドブネズミキットの黒牛マシンについて

色々な事情があるようなので記事を消去いたしました。

匿名さん、コメント下さった皆様

ありがとうございましたmm

2009年10月28日水曜日

本末転倒?

日曜、何気なくマラソンしてきたのですが
いきなり6km走ったのがいけなかった・・・
腰イタイ、足イタイ、おまけに頚椎から肩の痛みも解消されてないで
こういうのを本末転倒というのかな~と(汗)

さて、1/64カスタムシリーズ続き
かもせ~!ということで

培養?栽培?
差し詰め、もやしもんのT・ルブラム菌ってとこでしょうか
(そんな感じに見えてきた)
というか、1/64ミラーパーツですね(汗)
で、着色料を混入して

こんな具合
ステーはもっと細い線がよかったかも
しかし、ようこさえたもんだ
と自分で呆れるバカリ・・・^^;

カーボンデカールを貼ったりしたものをクリアで押えて艶消し仕上げにして
組み立てました
これ、マルボロカラーのマシン用でして
ウェストカラーのものはまだ串刺しの状態だったりします(汗)

2009年10月21日水曜日

カウントダウン200

スーパーGTのタイトル争いもいよいよ大詰めですね

エブロ1/43
ROCKSTAR 童夢 NSX 2009 スーパーGT

YOSHIKIと童夢のコラボマシン
正式には「TEAM YOSHIKI & 童夢 PROJECT」
よく見ると「Violet UK」なんてロゴも
NSXといえば昨年途中からマフラーを2本から1本だしに変更し
(サーキットによっては2本出しを使用)
音が甲高くなったのとバックファイヤが目立つようになりました
効果はエンジンのピックアップ向上とのことです

ちなみに、ヨシキティはミニカーに付属しておりませんので
全国サンリオショップにてお買い求めをw

今年5月、東京ドームライブに行った時の写真

このミニカーが発売されるまで温存しておいた写真だったりw
流石YOSHIKI、半分はパツ金のおねいさん
にしても皆さん、お足がお綺麗ですこと!!

2009年10月16日金曜日

MSJその4

ああ、お隣のカメラマンの連射速度が羨ましいよ・・・ ということで
MSJ参戦~デモラン編~その3~最終回

ThreeBond F3

(写真クリックで拡大)
絞り優先で補正し忘れた悪い例
基本ぶれてるので意味無いですが
安田君ゴメンナサイって感じです

NAKAJIMA RACING FN09 HONDA

ドライバーは今年チャンピョン捕ったロイック・デュバル
今年のフォーミュラニッポンはスイフト製ワンメイクシャシーになりました
ロールゲージには放射状に5つ、赤いランプが点灯するようになってますが、これは回転数を一定時間上げるオーバーテイクボタンの残り回数を示したものです
FNもこういった具合に工夫していて面白いんですが、あまり観客が入らないのが現状
参戦台数が少ないのと、ワンメイクシャシーなので魅力が今一ってのもありあすがなかなか難しいんでしょうね

MP4/5 1989

カウルをかぱっと開けて、エンジンを始動させてました
工具や道具類も当時のものでしょうか?
動態保存してるといっても流石に走りませんでした~
これは本当近くで見たかったゾ!!

さて、EOS10D+28-300+1.5のテレコンというお粗末な装備でも
イメージ通りに撮れた奇跡的な一枚がこちら
(UPにあたり画質は下げてますが)

TOYOTA TF108 2008

ドライバーはブラジルGPでグロックの代わりに走ることになった小林可夢緯
去年このイベントで隅っこにいる可夢緯君を発見し
握手してもらいましたが、今年は取り巻きが多くて・・・(汗)
サインは貰える時に貰っておいたほうが良い、ということですねぇ

おわり

2009年10月15日木曜日

MSJその3

MSJ参戦~デモラン編~その2

S-GT XANAVI NISMO GT-R 2008

ボンネット中央が盛り上がってるのが昨年のGT-Rの特徴です
この下にエンジンがあるのですが、今年のマシンはここがフラットになりました
たしかエンジンレギュレーションがFNと共通の3400ccになった為ですよね?
写真は、超!逆行でおまけにルーフが銀なのでゴースト出ておりますw

S-GT ARTA NSX 2006

ぱっと見、今年とあまり変わってないように見えますが
並べると違いがよくわかるんでしょうね~
NSXも息が長いです

山本&伊沢選手

ドライビングしたドライバーはこんな感じで「コンニチハ」します
あんな人やこんな人、大御所も見れますよ!
なお、一脚の台座を斜めにしっぱなしでしたので、こういう写真も全部斜めです
この文章かいてるだけで首が疲れてきました^^;

ニュル24時間 レクサスLF-A

今回一番楽しみにしていたのがこのマシン!
ニュル24時間レースでは目立った活躍はしていませんが
私の中では何故か存在感抜群
ミニカー出たら絶対買うぞ!!w
ちなみに市販車はウン千万円になる予定・・・

つづく